受講生の声

受講生満足度
5点満点中4.5点!
star
※2021年5月~8月受講者アンケートより
user-1
2020年度
貴田岡 結衣さん - 北海道大学 文学部
マスコミ内定
講座のプログラムが実際の就活に役立ったエピソードを教えてください

模擬個人面接によってオンライン面接慣れをできたことが良かったです。指摘を受けて練習し視線などを改善できました。また、記事データベースを利用して、最終面接の対策ができました。

icn-burile

新聞が実際に役立ったエピソードを教えてください

北海道(日本)のコロナ政策について、新聞で読んだ国ごとのワクチン接種率の記事を用いてうまく話せました。1日の新聞の中に、札幌・北海道・日本・世界についてのコロナ政策があって、視点が広げられているような感じがしました。

icn-burile

就活を進めていくうちに、新聞に対するイメージは変わりましたか?

テレビニュースとは扱われてる話題が全然違っているのに気がつけました。

icn-burile

就活生へのメッセージ

なぜ?を自分にたくさん問いかけていくことが大切でした。
その過程で心がつらくなることもあったけれど、周りの人に感謝して頼りもしながら頑張って乗り切ってください!

user-2
2020年度
吉田 迅環さん - 北星学園大学 文学部
ビジネス機器流通関連企業内定
講座のプログラムが実際の就活に役立ったエピソードを教えてください

グループディスカッションでは、与えられた役割の本質を意識しながら進めることができました。また、講座で学んだ「結論ファーストで具体的な話を簡潔にまとめて話す」を実際の面接で活かすことができました。

icn-burile

就活を進める中で、新聞を読むことで成長できたと感じたのはどのような点でしたか?

新聞に載っている記事を社会人目線で論理的に捉えることが出来るようになった点です。

icn-burile

フォロープログラムで役に立ったものを教えてください

就活講座3回目・4回目、模擬グループディスカッション、 模擬個人面接(オンライン)

icn-burile

就活生へのメッセージ

就職活動をしていて感じたことは、自分を深くまで理解し、物事に対しても深く考えを巡らせることが大事だということです。早めに動いて、どんどんチャレンジしていくことが大切だと思いました。頑張ってください。

user-3
2020年度
富田 萌美さん - 小樽商科大学 文学部
IT関連企業・官公庁ほか内定
講座のプログラムが実際の就活に役立ったエピソードを教えてください

ESで添削してもらった内容を、面接の場でも自信を持って話すことができました。また、新聞を読む習慣が身に付き、面接で最近気になったニュースを聞かれた時に答えることができました。

icn-burile

新聞が実際に役立ったエピソードを教えてください

新聞を読む習慣が身につき、面接で最近気になったニュースを聞かれた時に答えることができました。

icn-burile

就活を進めていくうちに、新聞に対するイメージは変わりましたか?

新聞には難しい内容ばかりではなく、興味を持てる内容が多く掲載されています。新聞に毎日目を通すことで、断片的な知識と知識が繋がり、より深い考え方などができるようになることを実感しました。

icn-burile

就活生へのメッセージ

面接は本番を繰り返すことで慣れるので、本命企業の前に何度か経験しておくべきです。倍率の高さや社員の出身大学などからエントリーを諦めたりせず、取り敢えず挑戦してみるべきだと感じました。

講座のプログラムが実際の就活に役立ったエピソードを教えてください

icn-bord

グループディスカッションの基本的な進め方を知ることができました。

実際の選考でも資料に書かれたポイントを思い出しながら司会役を務めたところ、選考を通過することができました。

icn-bord

模擬個人面接のフィードバックを受けて回答を考え直し、本番の面接でしっかり答えられました。

icn-bord

ES添削をして頂き、文章の構成や書く時に注意するべき点を学ぶことができました。他のESを書く時にもその時の内容がとても役に立ちました。

就活を進めていくうちに、新聞に対するイメージは変わりましたか?

icn-burile

就活を始めるまでは新聞をあまり読んでいなかったため、内容が難しいイメージが強く、読む気が起きなかったのですが、就活講座で新聞の読み方を学んでからは新聞の構造がわかり、とても読みやすいものだと思うようになりました。

icn-burile

新聞を毎日読むようになり、自分の興味関心、どういう情報が興味あるのか、その視点を得ることが出来ました。

icn-burile

テレビのニュースを詳しく知るためのメディア、というイメージから、社会の状況を横断的に知るためのメディア、というイメージに変わりました。

新聞が実際の就活に役立ったエピソードを教えてください

icn-cloud

業界の記事を探し、万が一業界の時事ネタを聞かれても答えるように事前に準備して、実際に聞かれたことがありました。

icn-cloud

面接の時に、時事的な問題と大学で学んできたことと絡めて、すぐに改善案を伝えることができました

icn-cloud

志望業界の最新ニュースを新聞で知り、そこについて分からない点があったので面接の最後で面接官の方に質問したところ、志望度の高さが伝わったようで、無事内定を頂くことができました。

就活生へのメッセージ

icn-message

人生初の就職活動なので「何をすればいいか分からない」のが当たり前です。

まずは分からないなりに動くことが大切だと思います!

動いているうちにやるべき事は明確になってくると思います。頑張ってください!

icn-message

私は第一志望のESを基に模擬面接をしていただきました。

社会人視点の受け答えやESについての助言や資料のおかげで、自信を持って本番に臨む事ができました。

他の就活支援サービスに比べ、社会人の方が一個人にここまで手厚く対応してくれるものは、ほとんどないと思います。

皆さんも是非参加してみてください。

icn-message

選考に落ちてしまっても、面接官と合わなかったんだなと思うこと。

自分を責めても良い事はありません。

そこまでの努力は決して無駄ではなく、自分の糧となる大切な努力です。時には、就活と関わらない時間を作ること。

早く始めすぎると途中で気持ちが切れてしまうので、焦らず自分のペースで行うことも良いと思います。

お問い合わせはこちら

「どうしん就活講座事務局」
(北海道新聞社マーケティングセンター内)
年末年始を除く平日 10:00-17:00